エチオピア旅行でおすすめの観光地


1
画像参照:Rod Waddington

エチオピアは、アフリカ最古の独立国であり、アフリカで2番目に人口の多い国です。文化や伝統は3000年昔に遡るほど歴史のある国です。そして、未だに多くの謎が残る神秘の国でもあります。また、80以上の民族がそれぞれ異なる言語で、それぞれに違った習慣や宗教をもっています。
そんな歴史のあるエチオピアへ旅行に行った際に、おすすめの観光地は、エチオピア国内に9つある世界遺産。そのなかでもおすすめの観光地は、石を堀りくり抜いた教会堂群「ラリベラの岩窟教会群」。ラリベラの岩窟教会群は正確にいつ頃建設されたものかは不明だが、第2のエルサレムになるよう築かれたとされている。その他、アクスム、ティヤ、ゴンダール地域のファジル・ゲビなどがあげられます。
そして、観光地として訪れたい都市は、アジスアベバ、ラリベラ、バハルダール、アクスムがあげられます。アジスアベバは、東アフリカで一番の規模である巨大な市場マルカートがあり、他にも国内最大の教会である三位一体教会や、ルーシーの化石のレプリカのある国立博物館、聖ギオギルス教会などがあります。ラリベラは、世界遺産の岩窟教会群がある。バハルダールは、青ナイル川滝や、国内最大の湖がある。アクスムは、アクスム王国の首都であった場所であり、エチオピア文化発祥の地であるため、古代遺跡が数多く存在し、世界遺産に登録されているものもあります。
以上のように様々な歴史や文化に触れられる場所がエチオピアの旅行先としておすすめの場所です。